100円均一のジェルネイル

セリア
セリアのジェルネイル

セリアのジェルネイル

セリアのジェルネイル

セリアからジェルネイルが売られているといった情報は半年以上前に入手はしていたのですが、なかなか現物を手に入れる機会がなく、記事にするのが遅れてしまいました。

しかし、ついに、この間セリアに行ったときに見かけたので購入してきました。

セリアのジェルネイルのラインナップ

私が店頭で確認できたのは、クリア(ベース+トップ)とカラーの大きく分けて二種類で、カラーは数色展開されていました。

オーソドックスなベージュ系からピンク系が多い印象です。

グリッター入りや、ラインを引く為の細いものなどは確認できませんでしたが、もしかするとアップデートされて今はラインナップとしてあるのかもしれません。

ベース&トップコート

ベース&トップコート

ベース&トップは、一石二鳥のアイテムですが、個人的にはあまり好きではありません。

というのも、ベースジェルの役割とトップジェルの役割は大きく異なるからです。

確かに見た目はどちらも無色透明ですが、ご存知の通り、ベースジェルは爪に密着する為、トップジェルはカラージェルやベースジェルを保護するためにあります。

それらを同時にできるのであれば、最終的にはそこに顔料も入れてしまって、オールインワンを作る方が早いと思います。

もちろん、別々に塗るのに比べて品質が劣るのは当然です。

しかし、ピールオフできる等の手軽さを兼ね備えた商品も多く、ウィークエンドユーザー等には、手軽にできるといった点で良いかもしれません。

話が大きく逸れてしまいました、早速成分表示を見てみましょう。

ポリアクリレート-15、HEMA、ジカルバミン酸ジHEMAトリメチルヘキシル、トリメチルベンゾイルジフェニルホスフィンオキシド

表示名称 ポリアクリレート-15
成分番号 560508
INCI
  • Polyacrylate-15
中文名称
聚丙烯酸酯-15 (国際化粧品原料標準中文名称目録(2010))
定義 本品は、アクリル酸ブチル、アクリル酸エチル、メタクリル酸メチル、エチレン、メタクリル酸とスチレンからなる共重合体である。
配合目的 皮膜形成剤、ヘアスタイリング剤
規制分類
CAS
67892-91-5

どうも皮膜形成剤やヘアスタイリング剤に用いられていたポリマーの様です。

皮膜形成剤というと、グロスや日焼け止めなどにも配合されていますが、この製品が配合されているかはわかりません。

見た限り単官能モノマーの共重合物なので、少し硬く脆さのある樹脂かなと思います。

あまりジェルネイルでこういった共重合物が使われているケースは珍しいです。

しかしこういった共重合は安いのが特徴です。

コストダウンの為に通常のジェルネイルで使われている「ウレタンアクリレートオリゴマー」ではなく、こうしたものを使っているのでしょうか。

他には目立った成分はなく、「トリメチルベンゾイルジフェニルホスフィンオキシド」が含まれているので、LED対応しています。

HEMAやジカルバミン酸ジHEMAトリメチルヘキシルもよく使われている成分です。

良くも悪くも、あまり考えずに、よく使われている成分で作ったという印象も受けなくはないです。

爪に密着する特殊な成分などは入っていないので、密着性はあまり期待できないかもしれません。

カラージェル

ピンク

ポリアクリレート-15、HEMA、ジカルバミン酸ジHEMAトリメチルヘキシル、トリメチルベンゾイルジフェニルホスフィンオキシド、(+/-)酸化チタン、赤202、黄5、赤227、酸化鉄

こちらもベースジェルと同じ配合に顔料を加えただけの組成です。

もちろん比率は分からないので、多少開始剤を多くしている等は考えられます。

使われている顔料もごく一般的なものです。

まとめ

セリアのジェルネイルは、ちゃんとジェルネイルではありましたが、工夫を凝らされた特徴のあるものと言うよりは、本当にベーシックなジェルネイルでした。

良くも悪くも100円で作るってこういうことなんだなと勉強させて貰いました。

ジェルネイルを既に沢山触られているユーザーの方は品質面での物足りさなは絶対に感じると思いますが、これから初めてみようかなと思われる方にはとっかかりとしてお試しで使われるのも良いかもしれません。

ただ保ち(爪とジェルの剥離やトップへの傷の入り等)は全く保証できないので、週末楽しむ程度に思われると良いかもしれません。