ジェルネイルを少しでも楽に辞める方法

つめ

ジェルネイルをすると爪がペラペラになる

ジェルネイルをしていると爪がペラペラになってきます。

ペラペラになった爪では生活できないので、ジェルネイルを塗ります。

そうするとまた爪がペラペラになります。

そんな悪循環がジェルネイルにはあります。

そんな悪循環から抜け出したい、抜け出さなければならなくなる人もいると思います。(お仕事やお金の問題で)

そういった方に、どうすればジェルネイルを楽に辞められるかを考えてみます。

そもそもなぜペラペラになるのか

ジェルネイルをするとなぜ爪がペラペラになるのでしょうか。

私はサンディングのせいだとは思っていません。

あの少量の爪の粉が出るくらいのバフがけで爪が削れてくというのならば、普段の生活で爪が無くなってしまってもおかしくないように思います。

そのくらい爪は常に様々な衝撃を受けています。

パラジェルがサンディングをしないから爪に優しい、ペラペラになりませんといった謳い文句で売っていますが、誇大広告だと思っています。

ではなぜペラペラになるのか。

第一の理由はソークオフに使用するアセトンです。

アセトンは水と油のどちらにもなじみが良く、どちらも爪から持って行ってしまいます。

爪表面にある皮脂は爪から水分が飛びすぎるのを防ぎますが、その油をまずアセトンが溶かし、水分が出やすい状況が生まれ、アセトンに水がどんどん出ていき、代わりに爪にアセトンが入り込みます。

しかしアセトンは非常に揮発性が高いので爪にはいったアセトンはすぐに飛んで行ってしまいます。

その結果、油も水分もなくなった爪が出来上がり、スカスカになってしまいます。

これが爪がペラペラになっていく構造です。

爪がペラペラにならないジェルネイルの楽しみ方

ソークオフ時のアセトンが爪をペラペラにすることは間違いありません。

であれば、アセトンを使わなければ良いとなります。

しかしジェルネイルを剥がすときにはジェルネイルに溶剤をしみこませる必要がある為、協力な溶剤が必要です。

エタノール等では代用できません。

では、いっそのこと剥がさずにそのまま使おうというアイデアがフィルインです。

フィルインとはベースジェルをソークオフせず、マシンでトップ・カラーを削り、その上から爪の伸びた部分も含めてベースジェルを塗りなおし、カラー・トップを塗っていく方法です。

こうすることで、ソークオフをせずに新しい色に変えることができます。

しかしこの方法にも注意点があります。

ベースジェルが全く浮いていないことがフィルインをする前提にあります。

もし少しでも浮いていたりすれば、そこから水等が入り、雑菌が繁殖し、グリーンネイルをはじめとする爪の病気が発病する可能性があります。

フィルインをするためにはベースジェルがしっかりとくっついていることが何よりも重要です。

ジェルネイルを少しでも楽に辞めるには

ジェルネイルを剥がせば、爪がペラペラになるのは目に見えています。

では辞めるためにどうすればよいか。

それはクリア系のジェルを塗ってそのまま6か月過ごすことです。

クリア系であれば爪が伸びてきても目立ちにくく、伸びてきた感を少し和らげることができます。

そしてそのまま数か月過ごします。

根本は新しい爪なので水分と油分をたっぷり含んだ良い状態の爪です。

この爪が爪先にくるまでの約6か月を我慢すれば、ペラペラではない爪が生えかわり、ジェルネイルを辞めることができます。

伸びてくる爪はどんどんカットして良いと思います。

この時に浮いてくることもあるかもしれませんが、それを無理やり剥がしてしまっては、爪の表層を剥がしてしまうことになるので、ペラペラの爪が出てくるだけになってしまいます。

ジェルネイルを辞めるのは大変ですが、6か月我慢して辞めれば、健康な割れにくい爪が戻ってきます。