アセトンを使わないソークオフ

ソークオフ
ピアス株式会社

ピアス株式会社

ピアス株式会社をご存知でしょうか。

ピアスは、1947年の創業以来、人間が永遠に追い求める“美容と健康”の分野で優れた製品とサービスを創造、提供してきました。この分野に対する人々の欲求がより高いレベルへと移行している現在、確かな技術力・製品開発力、優れたマーケティング力、そして豊かな想像力を最大限に発揮し、時代のニーズにお応えできるよう日々努力を重ね、積極的な企業活動を通じ社会に貢献していきたいと願っています。

カバーマーク・オリリー・アクセーヌ・イミュ・ケサランパサランなど有名ブランドのグループ企業です。ピアスグループは“美容と健康”の分野で化粧品などの優れた製品とサービスを創造、提供していきます。

化粧品の企画販売をする会社のようです。

研究所や製造工場も持っています。

そんなピアス株式会社から興味深い特許が出願されていました。

アセトンを使わないソークオフ?

JPA_2018140945

【要約】
【課題】有機溶媒を用いなくても、硬化後の人工爪を十分に除去することができ、しかも通常の水では硬化後の人工爪を除去できない人工爪用組成物を提供することを課題とる。
【解決手段】ラジカル反応によって重合するアニオン性モノマーを含む、人工爪用組成物などを提供する。

【請求項1】
ラジカル反応によって重合するアニオン性モノマーを含む、人工爪用組成物。
【請求項2】
アニオン性モノマーは、リン酸基を含むモノマー、硫酸酸基を含むモノマー、及び、カボキシ基を含むモノマーからなる群より選択された少なくとも1種である、請求項1に載の人工爪用組成物。
【請求項3】
ラジカル重合性不飽和二重結合を複数有する前記アニオン性モノマー以外のモノマーをさらに含む、請求項1又は2に記載の人工爪用組成物。
【請求項4】
前記重合によって形成された人工爪を除去するときに、アルカリ性の水溶液たる除去液によって除去されるための、請求項1~3のいずれか1項に記載の人工爪用組成物。

つまり、アルカリ水溶液でソークオフさせようという訳ですね。

アルカリ水溶液といえば、水酸化ナトリウム水溶液や水酸化カリウム水溶液など強塩基水溶液を思い浮かべてしまいます。

これらは肌に触れると、肌が溶けてヌルヌルします。

【0059】
除去液は、一般的な方法によって製造される。例えば、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、炭酸ナトリウム、炭酸カリウム、炭酸水素ナトリウムなどの無機塩を水と混合することによって除去液を製造することができる。

予想はあたっていましたね。

実施例を見ても、pH11や12の水溶液を使っており、さらに従来と同じ10分~20分浸漬させています。

更にベース層だけを硬化させてそこに浸してソークオフ性を見ています。

うーん、あまり実態にそぐわない実験ですね。

アセトンを使わずにソークオフは…

できそうもない、というのが私の結論です。

できるんでしょうけど、どうもこの場合、アセトンを使ったほうが短時間で負荷なくできるような…と思っていまいます。

いずれにせよ、こういった技術を発達させていくことは、アセトンを使わないソークオフには重要なので、必要な研究ではあります。

どうなっていくのか経過が楽しみです。